ブログトップ

SPAROCKS...BLOG

sparocks.exblog.jp

4/6 NOEL&GALLAGHER「Play Loud」& HALFBY「Lesders Of The New School」RELEASE PARTY

広島県広島市は西区からこんにちは。

新年度ですね。がんばります。
カープ、次こそは初勝利を!

さて、今週金曜はNOEL&GALLAGHER「Play Loud」& HALFBY「Lesders Of The New School」RELEASE PARTYがmugen5610 2Fで開催されます。

e0106479_13293387.jpg


Vanishing Point presents
NOEL&GALLAGHER「PlayLoud」 & HALFBY「Leaders Of The New School」 RELEASE PARTY
4月6日(金)@mugen5610 2F
SPECIAL LIVE ACT
NOEL & GALLAGHER
GUEST DJ
高橋孝博(HALFBY)
DJ 吉田綾介(BREADISTA!!) / MRMT&MIMU(SPAROCKS)
坂本敏史(LONDON CALLING) / hryn(Atlas) / naomifebruary6
filmout / kenchi / mr.tanaka / cou / norincho

■START 22:00
■前売¥3000(1ドリンク付)
■当日¥3500(1ドリンク付)
チケットの取り置きやご質問などがございましたら
vanishingpoint8@gmail.com で受け付けいたします。
前売りご希望の方は、代表者の氏名と取り置き枚数を明記ください。

NOEL & GALLAGHER
e0106479_1332393.jpg

NOEL & GALLAGHER のプロフィールをぼくが紹介する、というのもおかしな話だが、彼ら二人を引き合わせて互いに紹介したのは自分なので、すこし責任があるのかも知れない。高松のDJ NOEL こと、辻一臣くんと知り合ったのはもう何年前のことになるのだろう。DJプレイは素晴らしいし、それ以上にオモシロイ人物で、初めて会ったときから強烈な印象を持った。彼のDJセットの最中に教えてもらったブレイクビーツをちゃっかり自分のネタにしてしまったこともあった。そんな彼が去年、満を持して発表した「BOUTIQUE」、というミックスCDを送ってくれて、オレのことも忘れずにいてくれたんだなサンキュー、と気軽に聴いてみたら、これが素晴らしい作品で驚いた。驚いた矢先、久々に彼から連絡があって、高松の<VOYAGE>というクラブで一緒にDJをしたのだが、これまた忘れられない夜となった。明け方近く、どちらが誘うでもなく、いわゆるバック・トゥ・バック、つまり1曲交替のセットを二人で始めたら、これが止まらない。ウィンブルドンのテニスか、中国の卓球か、あるいは将棋の名人戦か、というような大接戦で、延々と終わらないのだ。翌日の昼食に入ったうどん屋でも、あんな面白かったB2Bは初めて、という話をしたら、彼も同様だったようで、このままCDにしたい、と言う。たぶん辻くんのアタマの中で、何かに火がついてしまったのだろう。彼から熱心に誘われたのだが、ちょうど自分は生まれて初めてのソロ・アルバムの制作の真っ最中、とてもそんな時間を作ることが出来ない。そんなモヤモヤとした気持ちで東京に戻ったのだが、羽田空港に到着した途端に閃いたのだった。ーーオレの替わりに、アイツを紹介しよう。アイツ。その男は自分と同じく、本業は音楽制作だが、趣味でやっているというDJはもはや趣味の範疇を越えている。ただお金になっていない、というだけだ。年齢も同じくらい。好きな音楽もDJスタイルも何もかも、かなり似ている。似ているだけに、ときどき自分の知らない曲を掛けていると何だか許せない気持ちになる。ときどき都内のレコード屋で鉢合わせすると、お互いいい年なのでうわべは紳士的に振舞うものの、心の中は敵愾心ギラギラ、言わばライヴァル的な存在なのだ。ここまで書けば、自分の周囲の友人ならば、誰のことを言っているのか判るはずだが、あくまで本人はDJは本職じゃないから、の一点張り、絶対に名前は書いてくれるな、という。さっそく紹介すると、辻くんは興味を持ったらしく、すかさずレコードバッグを引っ提げて東京にやって来た。「キミがDJ NOEL ってわけか。じゃあ、オレはDJ GALLAGHER だな」その日から二人は意気投合して、まずは都内のDJ GALLAGHER の仕事場でCDの収録時間いっぱいに当たる75分を一本勝負として、計3回ものB2Bのセッションをしたらしい。会ったその日から相性は良く、これで自分の仕事は終わった、と思ったのだが、上機嫌のDJ NOEL が、やっぱり人前でやりたい、お酒も入ったほうが調子が出るし、と言い出したので、慌てて池袋の知る人ぞ知るスナック「馬場」のマスター・馬場正道くんに連絡を取った。すると、翌日の土曜日は店を使っても構わない、という。さて、土曜日。その日も午後からウォーミング・アップとばかり、DJ GALLAGHER の仕事場で何度かセッションし、いよいよ夜は池袋の「馬場」へ。仕事があった自分は、夜の9時半頃に池袋に到着したのだが、もともとカウンターに8席のストゥールがあるだけの小さなスナックは、早くも噂を聞きつけてやってきた二人の友人たちで既に埋めつくされていた。その晩ふたりは伝説を作った。ーーその店に居合わせた人は異口同音にそう話していたが、そのことについて、ここで自分は何も書かないことにする。その夜の「伝説」は、いわばオブザーバー的な立場にいた自分には、とても語ることなど出来ない。たとえば、やはりその晩、彼らふたりのDJセットを聴きに来ていた梶野彰一くんとか、自分よりもっと語り上手な人に話してもらうとよいだろう。 その晩はたった二回のB2Bが行われ、その二回目のB2Bが、このアルバム「PLAY LOUD」、の一枚としてそのまま収録されている。ともかく、彼らのことはもう少し見守っていたいと思う。 オレに迷惑が掛からない限り、どうかたくさんの伝説を作ってください。(小西康陽)


HALFBY
e0106479_1333277.jpg

DJとして全国各地のクラブや夏フェス等を飛び回りながら、リミキサー/プロデューサー/アレンジャーとしても幅広く活躍、映画音楽や企業CMなど多数手がける。05年1st『GREEN HOURS』、07年メジャーからの2nd 『SIDE FARMERS』、10年3rd『The Island of Curiosity』と計3枚のフル・アルバムをリリース。30箇所を廻る昨年の全国ツアーでは、初のバンドセットHALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRAのライブも敢行。デビュー10周年となる2011年、通算4枚目となるフル・アルバム『Leaders Of The New School』を11月16日にリリースした。

僕はNOEL&GALLAGHERのプレイを初めて見たのがのドミューンでした。
衝撃的でした。予測不能なお二人のプレイ、技術、楽しそうなさまに心を持っていかれた次第です。あのプレイを直接感じることができるなんて贅沢ですね。
そして、それだけでなくHALFBYのDJまで楽しめるなんて・・・。うれしいかぎりです。
Vanishing Pointさま、おさそいいただきありがとうございます。

当日のゲスト陣をフォローするDJさんたちも素晴らしい方ばかり。
まず、京都を代表するパーティ、LONDON CALLING主宰のサカチュウくん。先日、初めて彼と一緒に呑んだのですが、話が弾み、思わず呑み過ぎてしまいました。楽しかったー。当日の彼のDJが非常に楽しみです。
そして福山のグッドパーティ、BREADISTA!のヨッシーくん。福山といって僕がすぐに思い浮かべるのはpoplife、そしてBREADISTA!です。というわけで彼の名前はずっと存じ上げてたのだけど、先週初めて挨拶できました。当日の彼のスピンもとても楽しみにしています。
そしてそして、「渋谷系ナイト広島」主宰のナオミさん、お知り合いになってすいぶん経つのですが、一緒にやるのは実は初めてかと思います。渋谷系ナイト広島の復活、おめでとうございます。また遊びに寄らせてくださいね。
更に紹介させてください。
前回のFREE THROWとの共演が記憶に新しいAtlas(偶数月第3土曜にスリムチャンススタジオにて開催しているIndie Rock Party)主宰のhryn。一緒にDJするのはtipsy以来かなあ。今回はどういった形のDJを披露してくれるのでしょうか。わくわくします。
それからそれから、SPAROCKS...HRSMよりMRMTくん。SPAROCKSとは一味違ったDJになるのでしょうか、それともいつものような形のDJになるのでしょうか。身内ながら非常に楽しみにしています。
実は僕も少しだけやります。22時半からの30分、大好きなレコードをスピンしたいと思います。

おわり
[PR]
by sparocks | 2012-04-02 13:35 | DAYS
<< susquatch TOY B... さよなら3月 こんにちは4月 >>